• 洛中高岡屋について
  • 京座布団おもてなしの心
  • 京座布団ギャラリー
  • 工房紹介
  • ご利用シーン
  • お客様の声
  • お知らせ

工房紹介

座布団と聞くとどこか「昔のもの」というイメージがあり、今でも手作業で作られているようにも思えますが、 最近はほとんどの工程に機械が登場し、弊社のように全てを手作りで行っているところは非常に少なくなっています。

職人が代々受け継いできた、快適に使うための座布団づくりの技。
中には洛中高岡屋ならではの手法もあります。お時間がございましたら是非一度、見学にお越し下さい。

職人の技

「ふとん」は、裁断、縫製、わた入れ、仕上げの四つの工程を 経て作られます。洛中高岡屋では、この四つの工程を、職人達が代々受け継いできたふとん作りの技を用いて作っています。

裁断

洛中髙岡屋の商品は1枚からオーダーが可能であるため、大量生産される工場のような裁断機は使わず、職人が裁ちばさみで丁寧に切ります。

縫製

綿はもちろん、麻やウール、シルク…と様々な素材を扱うため、長年の経験をもとに特徴を捉え、ミシンを使って丁寧に縫い上げています。

わた入れ

職人が1枚1枚手作業で行っていきます。この工程はふとんづくりにおいて非常に重要なポイントがたくさん隠されています。

仕上げ

職人が一枚一枚わた入れ口を絎け(くけ)たり、ふとんの表裏を綴じ(とじ)たり、丁寧にふとんを仕上げていきます。

京座布団の作り方

とりわけ、座布団作りでは、わた入れ、仕上げの工程が座布団の良し悪しを左右します。職人が代々受け継いできた、快適に使うための座布団作りの技の一例をご紹介します。

わた入れ

(1)

コレが座布団1枚分の材料。
生地(側地)は三方を縫って、裏返しておきます。

(2)

わたにはわたの目(繊維の方向)があり、裂けやすい方向と裂けにくい方向があるため、強度を増すために、わたの目が互い違いになるように、四角に重ねます。座ったときに体重が最もかかる中央部は、特にヘタリにくくするために、わたを多く重ね、厚くします。

(3)

このとき、裏面は平らに、表面が盛り上がるように、わたを重ねるのが職人の技です。

(4)

真ん中の厚みの程度は経験と勘の仕事です。

(5)

生地の上に(4)のわたを置き、隅のひとつを生地とわたの両手を持って折りたたみ、もう一隅を折って、右手で一緒につかみます。

(6)

そして一気にひっくり返し、わたの厚みを整え、四隅まできちんとわたを詰めます。このように職人がわたを入れた座布団は、わたの形がそのまま残り、裏面は平らに、表面はふっくらとかまぼこ型になっています。

仕上げ 絎け

綿入れ口を手縫いで絎けます。絎けとは縫い目が表に出ないように生地を縫い合わせる手法のことです。

仕上げ 叩き

綿入れ口を絎け縫いで閉じたあと、座布団の四隅にきっちりわたが行き渡るように、座布団を台に叩き付けたり、四隅を叩いたりします。

仕上げ 綴じ

座布団の中央にある綴じはわたが片寄るのを防ぐために施します。全国的には十字型ですが、京座布団の綴じは「三方綴じ(さんぽうとじ)」と呼ばれる左のような形になっています。由来や期限は定かではありませんが、お客様に座布団を出す際に、座布団の前と後ろを間違えて失礼にならないよう、三方の一方が前を、残りの二方が座布団の後ろ隅を指していると言われています。

仕上げ 房付け

座布団の四隅からわたが抜けるのを防ぐため、中のわたをつかむように房をつける伝統技法で、単なる装飾として施している最近の座布団とは趣を異にしています。また、房には邪気祓いの意味もあり、座る人に邪気が入らないようにと願った日本人のおもてなしの心が伺えます。